救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の転職FAQ >> 救急医の当直は?

救急医の当直は?

救急医のスケジュールは当然その医療機関によって違ってきます。一般に大病院と中小病院では救急救命医を抱えている人数が異なるために、大病院や大学病院ではそれなりに予定が立ちますが、中小病院で医師の数が少ないところなどでは、救急救命医の当直として夜勤をしたあと、夜勤明けに各専門科で外来診療などをしなければならないことがあります。そうした場合、過労がちで仕事に余裕がなくなり、私生活と仕事とのバランスもとれなくなります。

救急医は一般の人からみれば人の命を救う医者として尊敬されますが、救急医も人間なので、疲れてしまうこともあります。もし仕事やシフトがきつすぎて体も心も限界に達したら、転職や他の病院へ転院するなどの選択肢も出てきます。しかし、自分がいなくなればもっとシフトや仕事がきつくなるという責任感から、かなり過重労働になっていてもその病院で頑張り続けるお医者さんもおり、そうなると悪循環に陥ってしまいます。医師や看護師など医療スタッフはどうしても患者さんのQOLを優先しがちですが、当然、自分たちのQOLなども考えなければなりません。転職の際は、その点もよく考慮して転職先を見つけましょう。

基本的に救急医の1日を追っていくと、だいたい当直開始が夕方になり、17時頃に救急外来対応が始まります。数時間ごとにすでに集中治療室にいる患者さん、また高度治療室の患者さんの様子を伺い、その間にも緊急で運ばれる患者さんの対応をします。もし他の専門医のサポートや緊急での治療や手術が必要なときは、オンコールをします。当直する医師は病院によって異なり、一人の場合もあります。専門外の患者さんが運ばれる可能性は大いにありますので、日頃から色々なことを学んでおいて、いざというときに応急処置をして、すみやかに専門医につなげるようにしておく必要があります。だいたい当直明けは翌朝8時くらいになります。

このときに医師コンファレンスを行い、昨日の報告をし、11時頃に帰宅の運びとなります。この後、医師が足らない病院では、そのまま外来診療を行い、午後に帰宅というハードなシフトもあり得ますので、救急救命に携わる医師は、なかなかハードな仕事内容だと言わざるを得ません。もちろん救急医の経験を積むことは、医師としての自信につながるのでとても大事なのですが、あまり無理をしすぎず、人の助けを請うことや、困ったときは他の医師や医療スタッフに上手に相談することもしてみましょう。仕事を抱え込みすぎないことも医師として重要な判断です。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.