救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の転職FAQ >> 救急医に多いストレスは?

救急医に多いストレスは?

○救命医は人気が低い
近年では、救命医が活躍する国内外のドラマが人気を博したこともあり、救命医に憧れを抱く方も増えてきています。しかし、実際のところ、救命医は人気が低く、救命救急を志す医大生はほとんどいないというのが現状です。

○人命に関わるストレス
救命医の人気が低い理由の一つとして、仕事内容が患者の生死に直結するという性質が挙げられます。患者の命を救うことができればのなににも代え難い達成感を得ることができるでしょう。救命救急とはまさしく医療の本質であるとも言えます。

しかし、救命救急に携わる限り、患者の命を救うことができないといったことも多々あります。どれほどの知識と技術を身につけていたとしても、死に瀕している患者を助けられるとは限りません。現代医療の限界と自身の無力感を突きつけられることが毎日のようにあるため、救命医は特にストレスを抱えやすい傾向にあります。また、患者を死なせてしまったことで遺族から避難をされることもあるため、救命医は人気が低いのです。

○労働に関わるストレス
救命医を取り巻く労働環境は整備されておらず、ほとんどの救命医は労働基準法に違反した労働条件で働き続けることを強いられています。当直が頻繁にあり、自宅に帰れなくなることもあれば、丸二日から丸三日も働き通しということもあります。

しかし、救命医がいくら体調管理を気をつけたところで、過酷な労働環境では疲労が蓄積される一方です。集中力も損なわれてしまうので医療ミスが生じる可能性も高くなり、それもまた救命医にとっては大きなストレスとなって圧しかかります。

○勤務体制に関わるストレス
医療機関によって勤務体制はそれぞれ異なりますが、特に地方においては常勤の救命医を置いていないところが多いです。常勤医の救命医がいないということはすなわち、常勤医の指示を仰ぐことができないため、当直を担当する救命医が現場での判断を全て行わなければならないということになります。外科系の救命医が内科系の診断を行わなければならないということもあるでしょう。医療ミスが生じた場合は当直の救命医の過失となるため、これは大きなストレスとなります。

○ほとんどの救命医はストレスを抱えながら働いている
救命医を取り巻く労働環境は過酷であり、ストレスなく伸び伸びと働いている救命医というのはほとんど存在しないでしょう。そのため、救命医は救命救急に対する強い使命感を持っていなければ勤まらない仕事と言えます。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.