救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の転職FAQ >> 救急医の将来性は?

救急医の将来性は?

○変革期に差し掛かる救命救急
救命救急は立ち上がってから数十年という歴史の浅い分野です。通常、救命救急では重症患者を対象にしていますが、内科的疾患を診る機会も増えてきており、時代のニーズに合わせて救命救急そのものの見直しが図られる変革期が到来しています。

救命救急の見直しが図られると同時に、深刻化する人材不足も改善する必要があります。救命救急の人手不足の原因は労働環境によるところが大きいですが、教育環境にも問題があるとされています。救命救急は臨床医学の最先端とも言えるものですが、日本においては古くから患者の診察よりも医師の知識の充実の方が重要であるとされ、臨床が軽視される傾向にありました。そのため、救命救急に対応することができる医師が育たないのです。

近年では臨床研修が必修化したものの、教育に力を注いでも研究や論文と比べて医師としての評価が上がらないことから、教育に関わる医師の不足、教育方法の未確立などの問題が残っているというのが現状です。

○仕事に遣り甲斐があっても、頑張れる環境がないことも
医療貢献への使命感から、救命救急を学ぶことに意欲的な新人医師は多いです。救命救急の現場は短時間で結果が出るため、患者の命を救ったという実感と充実感が得られます。救命救急は医療の原点であり、遣り甲斐のある仕事です。

しかし、新人医師が長く働き続けられる労働環境、新人医師が知識と技術を身につける教育体制はしっかりと整備されていません。また、救命救急は歴史が浅く、救急科は新しい診療科であり、新人医師に対して明確なキャリアパス、生き方、将来像を示すことができていないというのも問題となっています。

○救命医の労働環境と教育環境の改善に力を入れている医療機関を探す
高齢化社会の到来にともない、救命救急のニーズは確実に増えてきています。これを受けて、今後は救命医の労働環境と教育環境の更なる充実が期待できます。

特に、地域の医療機関の模範となるべき中核病院は救急医として働きやすい環境があるところが多いです。救命医の労働環境改善に力を入れている医療機関に就職、転職することができれば、将来的にかなり高い役職に就くことができるものと考えられます。

長時間勤務が当たり前となっている救急科の仕事には体力が必要であり、しばらく働いた後は他の診療科を希望する方が多いですが、これから労働環境と教育環境の改善が進めばキャリアアップの道も開けてくることでしょう。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.