救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の転職FAQ >> 救急医の転職あるあるは?

救急医の転職あるあるは?

○プライベートの時間が取れない
救命医として働き始めたものの、プライベートの時間を取ることができないといったことが多々あります。救命医が少ない医療機関では常勤医と交代して救急医療に携わることになりますが、こういった労働体制の場合は当直の日数が月間で15日から20日を超えることもあります。昼夜が逆転した生活を送ることになるため、プライベートな時間を取ることが難しくなってしまうのです。

○救急科は医師免許さえ持っていれば歓迎される
救命救急の現場は常に患者の生死と隣り合わせであり、臨床の最先端とでも言うべき場所です。完全な実力主義の世界です。他の診療科の求人募集においては出身大学などでの差別があり、それを理由として採用が見送りになることも少なくありません。しかし、救急科は完全な実力主義なのでこうした差別はほとんどなく、どれくらいの知識と技術を持っているかというポイントがもっとも重要となります。また、救命救急は心身にかかる負担が大きいので、体力や精神力も重要です。

そのため、救命科と他の診療科では基本的な採用の流れは同じでも、面接などの雰囲気が違うといった感覚を味わうことがあるかも知れません。体育会系なところをアピールした方が救急医の就職や転職は成功しやすいようです。

○救命医の就職と転職を成功させるために
救命医は他の診療科とは少し異なる特色を持っています。自分の希望とマッチングしているかどうかをしっかりと確認しておかないと、就職や転職をした後でミスマッチが発覚してしまうこともあるので注意が必要です。救命医の仕事先としては、救命救急センター、救急科を標榜する病院、救急患者を受け入れている指定病院など、さまざまなものが存在しています。こうした医療機関の違いについても情報収集をしておいた方がいいでしょう。

最初から救命医を目指しているのであれば、救命救急で名前が知られている大学に入局するのが一番の近道となります。研修と実習を通じ、救命医として必要な知識、技術、体力、精神力を身につけることができます。

また、医療専門の転職支援サービスを利用するのもおすすめです。こうした転職支援サービスのコンサルタントは救命医の仕事内容の他、医療機関の労働環境や労働条件に詳しいため、自分に合った仕事先を紹介してもらうことができます。情報収集は個人で行うとなると大変なので、こうした転職支援サービスを利用することで効率的に就職活動、転職活動を進めることが可能です。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.