救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の転職FAQ >> 救急医は忙しい?激務?

救急医は忙しい?激務?

○救命医の仕事は基本的に忙しい
医師の内、外科医、産婦人科医、そして、救命医は仕事が忙しいことで知られています。特に救命医についてはテレビなどでも度々取り沙汰されており、一般的にも救命医が人手不足で激務というのは常識となってきています。

○救命医を取り巻く環境は改善されつつある
医療ミスやたらい回しなどの問題が取り上げられるようになってきたことにより、医師を取り巻く環境は改善されつつあります。例えば、以前は成り手が少なかった麻酔科医も激務として知られていましたが、現在はさまざまな医療機関で改善策が取られており、人手不足は解消されてきています。また、上述した外科医、産婦人科医、救命医についても、労働環境や教育環境は変化している最中となっています。救命医の労働時間を短めに設定している医療機関もあれば、休日の消化を徹底している医療機関もあります。

しかし、求人募集には救命医として働きやすい環境がある、といったことはあまり掲載されていません。応募者が殺到してしまい、一人一人に時間をかけて採用を行うことが難しくなってしまうからです。

救命医の労働環境が整備されている医療機関の多くは転職支援サービスで求人募集を行っている傾向にあるので、そちらを利用して就職活動、転職活動を行うようにするといいでしょう。転職支援サービスに登録すれば、コンサルタントから他と比べて労働条件が緩い医療機関を紹介してもらうことができます。また、救命医はアルバイトの求人募集も積極的に行われているので、まずはアルバイトの救命医として採用してもらい、さまざまな医療機関を渡り歩いた上で自分に合ったところを探すといった方法も有効です。

○救命医として長く働き続けるために
救命医は激務というのが一般常識ですが、上述した通り、激務とは言えない労働条件の救命医の求人募集は増えつつあります。現在では救命医を取り巻く環境は改善されつつあるのです。

しかし、辛い仕事はしたくない、楽な仕事をしていたいという願望があるのであれば、救命医を勤め上げることはできないでしょう。敢えて救急科という道を選び、救命医として活躍するためには、救命救急への強い使命感や遣り甲斐を持っていなければ難しいです。

また、結婚をするとなるとパートナーの救命救急に対する理解も必要になってきます。救命医として長く働き続けるためには長く働き続けられる環境を探すことも大切ですが、自身の体調管理に気をつけたり、自分の身の回りの人たちにも気を配ったりすることも重要です。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.