救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の転職FAQ >> 救急医の適性(向き・不向き)は?

救急医の適性(向き・不向き)は?

救急医に向いている性格いうのはあるのでしょうか?緊急医はつまり、即時に適切な判断や治療をしていくことが前提なので、あまり慌てない人、いつも冷静な判断ができる人が向いています。むしろ冷静な上にも冷たいくらいな人の方が実務では感情的に動揺が少ないので、正しい判断で治療ができることでしょう。状況判断力や次にやるべきことなど、優先順位を即座につけることができるのも大事な能力です。もちろん医師であれば、ほとんどの人が十分な知識や研修医としての臨床経験がありますが、やはり医者のなかでも外科医に向いている人と内科医に向いている人といるはずです。

例えばコミュニケーションスキルは高い人、緊急時に素早く判断でき、治療がてきぱきできる人もいるし、優しくて人の身になれる人でも、次の一手を思いつくのに時間がかかる人がいます。医師もいろいろな人がいますが、こと救急医に関しては瞬発的に色々なことがこなせるような、マルチタスクが得意な人に向いています。あとは緊急医療は、医師だけではなくて看護師や他の医療スタッフとの連携が非常に大事な仕事です。他のコメディカルスタッフに適時適切な指示が出せるかどうかも大事です。様々なことを一度にこなしたり、判断することが求められますので、実際、救急医に向いている人、向いていない人の判断材料としては、経験というよりも適性のあるなし、といって良さそうです。

救急医には向かない性格というのはあるのでしょうか。例えば慌ててしまう人、小心の人、それから優柔不断な人などは救急医に向かないかもしれません。もし難しい症例でも、瞬時にある程度の目安をつけて治療をすすめていかなければ、患者さんの命が失われたり、高度な後遺症が残ったりすることになります。一瞬の判断が命取りということもあり得ます。そのことに対して責任を持つことは大事ですが、むしろその責任の重さに怖気付いてしまうタイプはあまり向いているとはいえません。患者さんを観察して、細かい部分に気付いて、そこから状態を冷静に判断していく。これではなかったらこれ、というふうに、次々と病や症状の原因となっている部位、可能性があるところを診断していく、手際の良さや判断力の速さが瞬時にできる人でないと向いているとはいえません。かといって、緊急医に必要なスキルがなくても、外来患者とコミュニケーションが上手に取れる医師など、それぞれに得意なところがありますので、決して医者として劣っているわけではありません。ただ救急医だからこそ必要なスキルや性格はあり、割に向き不向きがでやすい専門科であることは確かです。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.