救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の求人の条件 >> 小児救急医の求人

小児救急医の求人

救急医の中でも、非常に人材不足が深刻化しているのが、小児救急の分野です。自分の体調というものであれば、なんとか我慢できるものの、自分の子供が少しでも様子がおかしければ、救急車というものを呼び出すというような時代です。ですから、小児救急の現場というものは、非常に過酷な状況になっているんですね。ここでは小児救急の求人というものにターゲットを絞って紹介していきましょう。

日本の小児救急というものは、ある程度の特徴というものを持っているものなのです。生後28日未満の新生児というものの死亡率が、世界各国と比較して低いという現状があることに対して、1歳児から4歳児までの死亡率は何気に高いという特徴があるのです。ちなみに新生児の死亡率の低さは世界1位に対して、幼児に関しては21位にまで落ち込んでしまっているのです。

この要因というものを考えたとき、不慮の事故というものに対しての対応のまずさというものがその原因ではないかと言われているのです。まず幼児の死因の第一位は、病死、及び自然死というものです。次いで多いのが、交通事故や転落事故。さらには溺水、火災、窒息、中毒などの事故によるものであることが分かっています。つまりこれらの事故に遭ってしまった場合の予測される症状というものを予測し、事前に対処することができるようなドクターを小児救急では必要とされているわけです。

こういった小児救急が求めるドクター像というものを覚えておけば、自然と転職活動に有利になっていくというのは言うまでもありません。次いで把握しておいてほしい情報というのは、死亡場所というものの特徴です。広く大きな施設内で死亡をするというケースは少なく、小さな施設内において死亡をしているという特徴を持っているのです。つまりは小規模な病院施設内に運ばれ、集中治療というものを受けることなく亡くなっているというケースがほとんどであるということなのです。

こういったデータから、現代の医療業界では、小児高次救急への新たなシステムの模索を始めている状況です。救命救急センターを中心として、小児救急への新しいシステムづくりというものに着手をしているというのが現状ですから、どういった考えで、どのような変革を目指しているのかということを、しっかりと情報収集しておくということも、小児救急医として転職を目指しているドクターには、把握しておくべき医療動向といえるのではないでしょうか。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.