救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の求人の条件 >> 60代の救急医の求人

60代の救急医の求人

リタイア寸前、すでに役職等を得ている60代医師は多いはずです。60代医師では、ほとんどの大学病院、大病院でなんらかの役職もついていて、リタイア後の人生設計を考える時期です。しかし、60代になっても現役で救命医療に携わっている医師もおり、そうした人は後進の教育に全力を注いだり、学会で積極的に論文発表を行ったりして、60代でもその仕事の質などはまったく衰えを知りません。そうした医師がいる地域の人は大変心強く感じることでしょう。経験豊富な医師のもとで研修や職務経験、または救急科専門医の資格を取得するために頑張っている若い世代も多いことでしょう。60代になると、自分のキャリア云々よりも後進の指導に時間を割くようになります。また、他の専門科の医師が悠々自適に暮らし始めるなか、救命科はいつまでも忙しい、プレッシャーやストレスが多い職場です。それが救命科の医師にとっては、すでに当たり前の日常となっており、むしろ生き生きとして若い人が多いかもしれません。

経験豊富な救急科救命医は、どんな仕事でも対応できるスキルをもっているし、大学病院や地域中核病院でそのポジションを得ているのなら、すでに役職もあり、かなりのポジションにあるでしょう。ときには現場主義で、あまり役職などにこだわらないタイプの医師もいらっしゃいますが、地域の方、研修医や若手医師などからかなりの尊敬を受けているはずです。60代になったら仕事をスローダウンしようと思っていた人も、現場のニーズがあまりにも多いためになかなか現役を引退したり、後進に譲ることができない場合もあります。

なかには生涯現役ということで、ずっと現場で働き続ける方もいらっしゃいます。開業医になったり、他の選択肢がいくらでもあるのに、ずっと地域のため、患者さんのために働くその姿勢は、やはり救急医は医師のなかでも医師という使命に忠実な人が多いためでしょうか。そうした心がけなくして救急医は務まりませんし、決して言葉だけではなく、行動がともなわないと続かないシビアな実力主義の現場です。現場で何十年も戦った人だからこそ、医師としての誇りが人一倍あり、まさに救急医が天職という人が多いのかもしれません。クリニックや病院の院長の話、開業の話など、60代でも転職の誘いはいくらでもあるでしょう。しかし、自分がいま何をするべきかがわかっているのが、60代の救急医というものです。転職するのはなんらかの大きな理由があってのことでしょう。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.