救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の求人の条件 >> 50代の救急医の求人

50代の救急医の求人

50代で、すでに経験が豊富な救急医なら、役職もついて、大学病院、また地域の中核病院で毎日忙しい生活を送っていることでしょう。そしてある程度地位も得ているので、そろそろ自分の私生活やリタイア後の生活などを考え始める時期かもしれません。病院内でどこまでのポストにいけるのかを色々考えていたり、このままのポジションで定年までいくのか、それとも開業などのリスクを負って新しいことをするのかで悩み始めることでしょう。救急医療に携わる医師は、あらゆることを想定して、患者さんの症状、病状をみて瞬時に対応することが求められます。そうした素早い処置ができること、臨機応変な対応ができるということは、普通の臨床現場でも活きてきます。だから他のポジションへの転職や開業という方向性でも、仕事が見つからないということはあり得ません。

しかしながら、今の年収以上のポジションや、今以上のやりがいなどを求めて転職しても、年収アップという願いは叶えられても、やりがいとなると、その人次第ということになります。前の仕事場が激務すぎて、すこしは私生活も充実させたいということで転職するのなら、その分やりがいを失うことになりますし、普通の臨床医、外来のみの医師になるのなら、穏やかな生活が送れますが、毎日変化や緊張感の漂う緊急医療の雰囲気が懐かしくなってしまうかもしれません。50代は知力、体力ともに医師としては油ののった時期でもあるために、緊急医療の現場でもう一息頑張るというのも一つの選択肢です。

もちろん、50代でも転職先はたくさんありますが、こと救急医に関しては、いままでの経験上のスキルが必要なため、逆に一般の臨床医が救急医になりたいと言ってもなれるものではありません。多少仕事がきつい、体力が追いつかないという不満はあっても、シフト上の工夫などをして、なるべく救急科専門医の仕事へ転職することが、社会貢献度は高いです。また、すでにこの年齢になると、次世代の救急化専門医の育成なども行うようになっており、そうした現場で働く人材を失うことは、病院だけではなく社会全体の損失でもあります。できれば私生活のバランスをとりながら、救急医の仕事は続ける方向で検討しましょう。スローダウンするのは、60代からでも遅くはありません。60代になってから将来のことをじっくり考えたりするのもいいではありませんか。いまの60代は若くてまだまだ体が動くので、焦ることはありません。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.