救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の求人の条件 >> 40代の救急医の求人

40代の救急医の求人

40代の救急医の転職事情はどんな状態でしょうか?実際、不惑の40代ともいわれますが、現代の40代は、まだまだ迷っている人が多いのではないでしょうか。しかも、医師としては中堅の年代にさしかかりながら、まだ独立開業するのか、それともずっと医局にいるのかなどを迷っている人も多いです。家族がいれば、これから子供の教育費などもかかってきて、私生活でもストレスやプレッシャーが増える時代でもあります。緊急救命医としてある程度の経験があっても、緊急科の専門医資格をもっていればなおさら、このままでいいのだろうかと迷ってしまう年代でもあります。このままの場所で救急医を続けるのか、それとも転職するのか?また、親が開業医ならば、30代か40代になれば当然親の引退とともに、自分がその医院を継ぐのかどうか、真剣に悩む時期でもあります。

40代は経験も知識も、また論文などを学会で発表したり、研究者として臨床医として実績、経験ともにだんだん油がのってくる時期になっています。それなりに色々なオファーが来ることも多いでしょう。しかしそんなときこそ、自分が何をしたいのか、正しい判断をすること、将来的にはなにを目指すのかを明確化することが大事です。がむしゃらに経験を積んできた20代、30代を通して、自分の適性やこれから何を目指していくのかがおぼろげに見えてくるでしょう。大学病院や地域の中核病院でのキャリアをそのまま続行してもいいですし、またなにかやりたいことがあれば、それをスタートするのもいいです。40代ならまだ知力も体力も残っているので、最後のチャンスであるといえます。

また、救急医に限らず、医師全体の転職という意味でいえば40代はまだまだたくさんの転職先があるので、焦らずに適切なチャンスがやってくるまで待っていてもいいでしょう。クリニックの院長や、地方の救急病院からのオファーなど、選択肢は多いはずです。ただし、もちろん年収や待遇などを考慮に入れるのは当然のことながら、最終的日は自分のやりたいことや仕事内容で判断したほうが後悔のない転職となるでしょう。40代で大きな決断をして、それまで所属していた医局を辞めるのは大きな判断となるはずですが、それでもその判断が最終的には満足のいく結果となるよう、チャンスがきたら逃さないように、すぐに行動を始めることが大事なのです。家族の意見や、同僚、先輩の意見を聞きながら、後悔しない、自分にとって正しい道を選んでいくことが大事になっています。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.