救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の求人の条件 >> 30代の救急医の求人

30代の救急医の求人

すでに救急指定病院である程度の救命医療の経験がある人なら、他の救命医療の医療機関に転職も可能ですし、またより多くの可能性や知識を求めて、専門医の資格を取得することも可能になっています。しかし、現場で働くからこそ吸収できるスキルがたくさんあるので、まずは現場主義で、救急医としての経験を積んで行かなければなりません。できれば救急専門医が少ない病院よりも多くの専門医が働いている大病院のほうが、学ぶことや教えてもらえることが多いので、良いでしょう。

30代はまだまだ医師としては駆け出しです。世間では30代半ばにもなれば、すでに中堅社員としての自覚が求められます。もちろん医療の世界でも同じですが、医局に属していればまだまだ若手です。ここで多くの経験を積み、自分の強み、弱みなどを考えていけば医師としての将来像が見えてくるはずです。この時点で救急医が合わないと思ったのなら、他の専門科に転科するのも大事な選択といえるでしょう。引き際を見極めるのも大事なものです。

30代での医師の転職は、専門科を極めるにしろ、クリニックや地方の中小病院への転職など様々な選択肢があります。ただし、救命医として働くには、救急指定病院に勤めることが必須となり、そうなるとそれぞれの地域の中核病院に勤めることになります。最終的に大学からの医局から離れることになるか、それはそれぞれの判断になりますが、すでに医局に縛られずに、自分でキャリアを築いている独立志向の医師も増えているので、医局を離れたからといって、将来がないというのはありません。将来のキャリアはまさに自分次第となっていますので、自信をもって転職活動をしていきましょう。医者をやめる、また開業医として親の病院やクリニックを継ぐこと以外の選択肢がなかった時代とは違いますので、医師専門の転職サイトなどを上手に利用しながら、自分のスキルや経験にあった転職先をみつけられるように、常日頃からアンテナを張って情報を集めていきましょう。

かなりの転職先がみつかるはずです。いまでは年収や働き方なども自由に選べて、家庭の事情や留学など、様々な希望にあわせて仕事が選べますので、30代ならまだまだ色々なことにチャレンジしたり、またはより専門性を高めるために武者修行の時期と考えてもいいのかもしれません。救命医療に必要な判断力や火事場の馬鹿力などを身につけるには30代をどう過ごすかもとても大事なことです。20代とともに、年収などにこだわらず、まずは自分の身になるキャリアを身につけることを重視しましょう。それによってベストな転職先がわかってくるはずです。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.