救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の転職の基礎 >> 救急医の勤務時間

救急医の勤務時間

救命医の転職を考えている方の中には、救命医の勤務時間を気にしている方もいらっしゃると思います。朝から仕事に入り、徹夜で救命医の仕事をし、翌日の勤務も普通にこなして、気がつけば36時間もの長い間勤務をしていたなんてことはザラの世界が、救命医の世界だとも言われていますよね。ここでは転職の際に気になるであろう救命医の勤務時間にスポットを当てて紹介していきましょう。

現在の医療業界というものを見た時、全体的に医師不足や看護師不足という傾向は見られていますが、その中でも人気のある診療科と、そうではない深刻な人材不足の問題を抱えている診療科というものが存在するのです。救命医というものは、明らかに後者の傾向が強いとされています。

近年の新人医師のほとんどは、レジデントの段階でさまざまな診療科を経験するわけですが、やはり救命医の世界へは、自分のスキルや知識の低さと、その労働時間の過酷さというものを肌で感じることになり、なかなかになり手というものが少ないというのが現状なのです。その上で近年さまざまなメディアで報道している当直料の安さです。冒頭にあるように36時間の超過酷な勤務に支払われる当直料がなんと1回で2万円程度しか払っていなかったということが、兵庫県の某病院施設で発覚し、問題になりました。

かなり非難をされましたが、こういった現状は氷山の一角であり、現実として安い当直料で長い超過勤務をこなしている救命医が多いというのが現実なのです。このことから、一般的には、救命医になった場合、労働時間が長いということはある程度に覚悟しておかなければならないことでしょう。しかしながら、悪いこういった慣習というものを、なんとか改善しようと、さまざまな医療機関が改善を行なっている最中なのです。

基本的には長い労働時間を覚悟しなければなりませんが、改善を講じている医療機関に転職することが出来れば、将来的には、かなり優遇された労働条件が期待できるということになるでしょう。ポイントとしては、地域の模範になるような中核病院というものが狙い目です。地域の医療機関の模範になるべき病院施設が中核病院に指定されますから、労働条件などの面に関しても、模範となるべく努力というものをしているものなのです。ですから転職支援サービスサイトなどを利用し、こういった中核病院に転職活動を行なっていくことがとても有効な転職活動であるといえるのです。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.