救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 救急医の転職の基礎 >> 救急医の勤務時間

救急医の勤務時間

○救急医は24時間勤務が基本
救急医の勤務時間は長く、早朝から仕事に入り、深夜になって自宅に帰るということが多いです。24時間勤務の場合、昼と夜にそれぞれ1時間の食事休憩があり、6時間から8時間ほどの過眠休憩が設けられます。もっとも、要請があればすぐに出動しなければならないので、休憩の間も完全にリラックスできるというわけではありません。そのため、基本的には丸1日働きっ放しと言えるでしょう。

24時間勤務を終えると、翌日は休みになるという勤務体系が一般的です。原則的に連続勤務はないとされていますが、人手が足りていない場合、そのまま翌日まで働き続けるといったこともあります。気が付けば、丸二日から丸三日ほど連続勤務していたという方もいます。

○救急医は仕事が忙しい割に給料が安い
日本の医療業界は医師不足や看護師不足と言われていますが、診療科によってその程度は大きく変わってきます。特に、救急科は深刻な人手不足に悩まされ続けている診療科の一つです。救急科では患者の数に対して救急医がまるで足りておらず、その結果としてたらい回しなどが発生しています。

また、救急医は仕事の忙しさに比べて当直料が安くなっており、テレビなどでも救急医の給与体系が度々取り沙汰されています。こうした慣習は世間的にも非難を受けていますが、具体的な改善には至っていない医療機関が多く、24時間を超える連続勤務を安い当直料でこなしている救急医も多いのが現状です。

新人医師のほとんどはさまざまな診療科で経験を積むことになっていますが、救急科をとりまく環境は極めて過酷なものであり、救急医の希望者は少なくなっています。そのため、救急医として働くからには長時間の勤務を覚悟しておかなければなりません。

○救急医の労働環境の改善に力を入れている医療機関を探す
もっとも、あらゆる医療機関で働く救急医が長時間勤務を強いられているかというと、必ずしもそうではありません。医療機関の中には救急医の労働環境の改善に力を入れているところもあります。こうした医療機関はキャリアアップの道も開けているところが多いです。

地域の医療機関の模範として指定される病院を中核病院といいます。中核病院は医療のテクノロジーやサービスだけでなく、医療従事者の労働条件なども模範的であることが求められます。中核病院は救急医の労働環境が整備されており、長く働き続けられるところが多いです。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.