救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】

救急医求人TOP >> 地域別の救急医求人 >> 仙台の救急医の求人/p>

仙台の救急医の求人

宮城県は東北地方における最大都市であり、県庁所在地である仙台市は宮城県の総人口の約4割を占めています。そのため、仙台市は医療のニーズが高く、宮城県の医師の4分の3が仙台市に集中しており、救命救急センターも三か所存在しています。東北地方において、仙台市はとても救命医の求人募集が探しやすい地域といえるでしょう。

仙台市は地域医療を担う医師不足が深刻化しているため、医学生を対象とした奨学制度の情報提供、自治体病院などが行う臨床研修事業への支援活動など、医師の募集、確保のためのさまざまな対応策が行われています。また、若い医師だけでなく、育児などで現場を離れた女性医師、定年後の医師の復職なども積極的にサポートしています。救命医として復職を検討している方は、仙台市で求人募集を探してみるのもいいかもしれません。

仙台市は救急医療体制の充実に力を入れている都市の一つです。仙台市では、初期救急医療体制、第二次救急医療体制、第三次救急医療体制という三段階の救急医療体制が整備されています。初期救急医療においては、主に外来診療により比較的軽症な患者への対応を行います。対応を担当するのは、休日診療所、夜間診療所、休日当番医を置いている医療機関などです。第二次救急医療においては、主に入院や手術を必要とする患者への対応を行います。対応を担当するのは、救急告示医療機関、病院群当番制事業に参加している医療機関、小児科病院群当番制事業に参加している医療機関などです。第三次救急医療においては、主に入院や手術を必要とする患者の内、高度な救急処置を必要とする患者への総合的な対応を行います。対応を担当するのは、東北大学病院、仙台医療センター、仙台市立病院などの高度救命救急センターや救命救急センターです。

現代日本は医師不足、看護師不足が深刻化しており、特に救急医は患者の人数に対して人手がまるで足りていないとされています。しかし、仙台市ではそれぞれの医療機関の役割を分担することによって業務の効率化を図り、たらい回しなどの発生を最小限に抑えるように努めています。救命医は勤務する医療機関、地域によっては過酷な労働を強いられることもありますが、仙台市は比較的救命医が働きやすい環境と体制が整っているといえます。その他、仙台市では高齢化社会、核家族化、医師の偏在化、医療の高度化、医療の専門家など、救命救急を取り巻くさまざまな問題の解決に尽力しており、今後も更なる環境改善が見込まれるのではないかと考えられます。

救急医の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 救急医の求人数 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 救急医の求人数
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2016-2018 救急医求人ランキング【※救急医の総合転職情報サイト】 All Rights Reserved.